支部長の部屋

生き甲斐って?

2014.03.14

マグナム34(後楽園ホールの興行)も無事に終了し、当日リングに上がった
本田聖典選手(日本ミドル級4位、青木克眞選手に判定勝ち)の怪我も癒えてきましたので、
久しぶりに2人でミット練習をしてみました。

長い付き合いですのでお互いのタイミングが分かり、大変気持ち良く汗を流せます。
自分自身、練習生と同じメニューをこなす事で練習生と同じ気分を味わえ、
「こうした方がいいかなぁ~」とか、「こうされると嬉しいなぁ~」などと
色々なアイデアが浮かんできます。

通ってこられる練習生みなさんが共通して考えていること、それはやはり第一にストレスの発散の
様です。
自分の許される時間の範囲内で最大限パアーッと燃え尽きて帰りたいと思っておられるらしく、
皆さん手を抜こうと思えば幾らでも楽をする事が出来るのですが、決して手を抜かず精一杯自分を
追い込んで帰って行かれます。

「いやー疲れた~!」と皆さん口々におっしゃいますが、誰もが笑顔いっぱいの表情で満足そう
です。
そんな彼らの笑顔を見ていると、「ジムをやってて良かった!」心からそう思うのです。

スポーツに限らず「辛いことを乗り越えたところに人の幸せが有る」これはどなたが言った言葉
だったでしょうか?
辛いから、大変だからといって挑戦せずに引っ込んでいては幸せになれないんだなぁ~と、つくづく考える年頃になってしまった様です。
(まだまだ青春、頑張るぞー、オー!!)なんてね。

生甲斐1生甲斐2

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch