支部長の部屋

アルゼンチンのサイクロン襲来

2016.04.26

4月17日、今年も伊原道場アルゼンチン支部が後楽園ホール(タイタンズネオス19)のリングにやって来ました。
団長はもちろん私、乙川とエルマノ(スペイン語で兄弟の意味)の間柄であるディエゴ・ゴンザレス アルゼンチン支部長です。
試合に出場した選手はマウロ・エレーラ選手(ヘビー級アルゼンチン支部指導員/昨年9月に行われたタイタンズネオス18に続いて2度目の来日)とナディア・ブロン・バルビス選手(女性キックボクサー/今回プロデビュー戦)。
同行者としてディエゴ支部長の弟子、サンティエゴ・ロドリゲス氏(クラブ・アレティコ・インデペンディエンテ U15コーディネーター/アルゼンチンサッカー協会を代表する6人の講師の1人)、それに一昨年まで伊原道場本部の会長秘書を務めていた川久保悠氏(現在はクラブ・アレティコ・インデペンディエンテ日本支部代表/同日本代理人)が来日いたしました。

試合4日前の4月13日、日本入りしたアルゼンチン支部一行は38時間の長旅をものともせず、その日のうちから代官山の伊原道場本部にて練習とウェイト調整に入りました。
普段アルゼンチン支部で活動する彼らにとって日本のリングに上がり試合をすることは、まさに感動の瞬間であるようです。
考えてみて下さい、我々日本人にとってチャンスさえ掴めば後楽園ホールのリングに上がれると簡単に考えている選手が多くいる中で、地球の裏側からはるばる日本のリングに上がるという事は並大抵の事では有りません。
キックボクシングの聖地である日本のリングに上がる為に、彼らがどれほどの熱い想いと情熱と夢を持ってこの日を待ちわびたことか。
それが試合のゴングと同時に選手達、同行者たちの想いとなってリングで爆発しました。

第1試合、初めてのプロのリングとなるナディア選手、素晴らしい格闘センスを持つ真優選手(月心会チーム侍)との対戦。
両者どちらも負けられない意地と意地とのぶつかり合いです。2ラウンドをフルに戦い抜き判定はドロー。女性同士の試合ですが、会場からは両者の健闘を称える大きな拍手が鳴りやみません。
試合を終えたナディア選手の瞳からは安堵の表情と共に、キックボクシングの聖地日本で戦ったことの喜びと誇りに満ちた涙が溢れます。
ナディア選手、素晴らしい感動をありがとう!またいつか日本のリングで待っているよ。

第7試合は日本2戦目となるマウロ選手の登場です。
前回のデビュー戦は山崎泰意選手(ザ・マーシャルアーツ2012国際大会スペシャルグローブマッチ優勝/宮川道場)に1R KO勝ちを収め、二回目の日本のリングとなります。
今回の対戦相手はDAISUKE選手(STIR無差別級王者/覚信塾)との一戦となりました。
一発入ればどちらも即KOが予想されるヘビー級同士の戦いでしたがわずか1R45秒マウロ選手の右肘一線、見事に決まりDAISUKE選手は崩れ落ちました。
何という気迫と集中力でしょう、まさに現地アルゼンチンでのあだ名「リアル・キングコング」そのものです。
恐ろしい選手がアルゼンチンに現れました。これから益々練習を重ねどこまで強くなるのか?目が離せません!

リング上ではマウロ選手を囲んでアルゼンチンのメンバーが歓声を上げ讃えあっておりました。
ディエゴ支部長・マウロ選手・ナディア選手・サンティエゴ君・川久保君おめでとう!本当におめでとう!心の底からお祝いの拍手を送ります。
アルゼンチン人と現代の日本人の違い、それはかつての日本人なら誰もが持っていた“熱い情熱”と“人や物に対する尊敬の気持ち”そして“ひた向きな努力”なのかな・・・。
彼らとは久々の数日間の交流でしたが、改めて自分が失いつつあるものを思い出した気がいたしました。

まさに、彼らは南米アルゼンチンのサイクロンそのものでした。
また会おう!エルマノ(アルゼンチンの兄弟達よ)、それまでお互いに元気で頑張ろう!!

新潟支部長 乙川敏彦

 1
ディエゴ支部長、マウロ選手、サンティエゴ氏とアルゼンチンの国旗を掲げる

2
ナディア選手の勇姿①

3
ナディア選手の勇姿②

4
激戦の末ドロー

5
試合後のナディア選手を囲んで

6
マウロ選手の勇姿

7
強烈なパンチ

8
勝利のコール

9
試合後のディエゴ支部長とマウロ選手と

10
試合後、記念撮影

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch