支部長の部屋

「弟子の成長」

2018.05.07

2018年のゴールデンウィークが終わりました。
皆さんはどのようにお過ごしでしたか?
心に残る良いお休みでしたでしょうか。

さて私達「伊原道場 新潟支部」では「新潟県本部道場」開設7年目、「フィットネスジム万代」開設3年目を過ぎました。5月1日より日曜・祝日も営業し皆様の健康作りにより貢献して参ります。

輩出した所属プロ選手も通算で6人目となり、全員がランキング入りを果たしております。
これも皆様の心のこもった応援のお陰と、あらためまして感謝申し上げます。
誠に有難うございます!

さて、皆さんの中でご存知の方は意外に少ないと思いますが、実はこの2つのジム「新潟県本部道場」「フィットネスジム万代」は私が代表を務めておりますハンズグループ(株式会社シー・エス・シー、株式会社シー・エス・クリエイト)のカルチャー事業部として運営されております。
この事業部は青春の全てをキックボクシングという格闘技にかけて生きている若者たちの生活の場として、また選手が現役を退き第二の人生を迎えた時に少しでもその生活の手助けが出来る様にしたいとの考えから設立した事業部です。

「新潟県本部道場」を任せている喜多村誠選手(第4代日本ミドル級王者)も「フィットネスジム万代」を任せている渡邉涼介選手(現日本ライト級6位)もこのハンズグループの社員です。また、スタッフでスポーツインストラクターの中川克也さん、ジムスタッフの鈴木愛加さん、本田聖典選手(現日本ミドル級2位)などもおります。
彼らはハンズグループの総務部並びに経理部の直轄で管理されており、自らが会社の社員であり、現役選手であり、会員様を教える指導者であり、ジムの運営を任せられたマネージャーでもあります。

中でも「フィットネスジム万代」を任せている渡邉涼介選手(現在28歳)は私にとって最も思い入れのある選手の一人。
2013年、23歳の時に新潟県本部道場に入門した彼は当時現役の日本チャンピオンだった喜多村誠選手や本田聖典選手、本間博行選手を見て、その強さと、ひたむきな練習態度、キックボクシングに賭ける情熱に憧れを抱きました。強い決意をもって、当時働いていた建設関係の仕事を辞め、私の一人目の内弟子としてキックボクシングに人生を掛ける決意をいたしました。

以後、朝はロードワークに始まり、昼間は関連会社のシー・エス・クリエイトで工場勤務、夕方からは毎日本部道場でラストまで練習するという、キックボクシング浸けの毎日を送って来ました。

今だから言えますが、正直なところ元々野球をやっていたおかげで体は頑丈でしたが、格闘家になる為の光るセンスが見当たらないし華もない、プロとしてやれるんだろうか?
当時はそんな印象を持ったことを覚えております。(涼介ごめんね)
お酒は一滴も飲めない、ステーキを食べさせたら、たったの1ポンドで満腹で吐きそうになる。
引き受けたのは良いが23歳でこれか、、大変なことに成ったなぁ~と。

正直なところ、彼を引き受けた身としては不安がよぎりました。
しかし裏表のない地味なひたむきさと努力、負け犬になりたくないと思う強い意志、そして人に感謝する事が出来る素直な気持ち。これらを常に心に持ち続けたことが彼を数年で大きく花開かせる事に成ります。

毎日、スパーリングで叩かれ吐きながらも、練習をさぼることなく人一倍の努力で臨んだ2014年のアマチュア大会のリングでは夏・冬と連続のKO勝ちを納め年間MVPに輝きました。

そして翌2015年1月、満を持してのプロデビュー戦で見事判定勝ち。
現在28歳で10戦5勝2敗3分の成績、本当によく頑張ってくれています。

しかも、それだけではありません。相変わらず練習浸けの毎日ですが「フィットネスジム万代」の指導員としても会員様へ親切丁寧に指導を行い、人気が有ります。マネージメントにおいても一生懸命会社に貢献すべく頑張る姿が見られ、人として大きく成長してくれました。良くここまで頑張ってついて来てくれたと思います。

彼の懸命に生きる姿を見ると一緒にやって来てよかったと心から嬉しく感じる毎日です。
本当に頑張っているなぁ~。
このまま初心を忘れる事無く成長して行ってください。

さあ、後はリングの頂点、いつかはその腹に王者のベルトを巻き、リングの上で私と二人で手を取り合い、勝利のコールを受けようじゃないか!!

涼介、今日からまたガンバロー!!

(支部長 乙川敏彦)

以下、このゴールデンウィーク中に撮った「渡邉バンビ涼介  VS 乙川昔カモシカ支部長」のマススパーリングの写真でお楽しみください。

万代ジム インストラクターの中川君も写ってますよ!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 14 13 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 DSC_0055 DSC_0056 DSC_0054 DSC_0057 DSC_0086 DSC_0067 DSC_0108 DSC_0062 DSC_0087 DSC_0076

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch