トピックス&ニュース

マグナム39 試合結果 2015.10.25

2015.10.28

「喜多村誠 完全復活!」

今年の5月、ラジャダムナンスタジアムでのタイトルマッチで判定負けを期して以来、5ヶ月間の沈黙を貫いていた喜多村誠選手がいよいよ後楽園のリングに帰ってきました。

対戦相手は韓国ウェルター級1位のファン・セチョル選手。
韓国ではパンチを武器にトップの座に君臨する26歳の若手ファイターです。

試合前からかなり手こずる戦いとなることが予想されましたが、元日本ミドル級王者の喜多村誠選手は得意のローキックと至近距離での肘打ちを武器に、2ラウンドにローキックで2度のダウンを奪い文句なしのKO勝利を飾りました!

“強い喜多村が帰ってきた”
誰もがそれを確信する試合でした。

今回の試合から70㎏に戦いの舞台を移した喜多村誠選手。
これからも益々ド派手なKO勝利を我々に見せてくれることでしょう。

喜多村選手 勝利のコール

喜多村選手 勝利のコール

 

KO勝利の喜多村誠選手と乙川敏彦支部長

KO勝利の喜多村誠選手と乙川敏彦支部長

 

「古川真司 3連勝!」

今年3月にデビューを果たした日本ライト級の古川真司選手は第2試合に登場。
池田洋将選手(RIKIX)と対戦し、2ラウンド判定勝ちを収めました。

これでデビュー以来3戦3勝となり、同じ新潟支部の渡邉涼介選手と並びました。

同時期デビューで同じライト級の2人は、戦いのスタイルは全く違いますが良きライバルとして毎日切磋琢磨し練習に励んでおります。

一日も早いランキング入りを期待しましょう!

勝利の記念撮影にこたえる古川選手

勝利の記念撮影にこたえる古川選手

 

デビュー以来3連勝の古川真司選手と乙川敏彦支部長

デビュー以来3連勝の古川真司選手と乙川敏彦支部長

この度の試合でも皆様から多大な応援を頂きましたことを心から御礼申し上げます。

 

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch