トピックス&ニュース

「SOUL IN THE RING 15」結果報告

2017.12.14

12月10日(日)東京 後楽園ホールで行われた新日本キックボクシング協会、今年度の最終興行「SOUL IN THE RING 15」において新潟支部より本田聖典選手(日本ミドル級2位)、渡邉涼介選手(日本ライト級6位)、空龍選手(日本フライ級)の3名が出場いたしました。

第3試合、先頭を切ってリングに登場した空龍選手は同フライ級の山野英慶選手(市原ジム)と対戦。
1R1:20豪快な左フック一閃、見事なKO勝利を飾りました。
これにより今年の春デビュー以来5戦4勝1敗となり、来年に期待を繋ぎました。

第5試合に出場した渡邉涼介選手は同ライト級のTASUKU選手(CRAZY WOLF GYM)と対戦。
TASUKU選手は8戦5勝5KOを誇る上り調子の強豪です。
互いに3Rを全力で戦い抜き、結果判定はドロー。お互いあと一歩の攻防でした。

第7試合に出場の本田聖典選手は同ミドル級の萩本将次選手と対戦。萩本選手は総合でも活躍している強豪選手です。
試合は本田選手が左右のローキックで終始攻め続けますが、萩本選手も重いストレートで盛り返します。
結果3R2:22両者の肘打ちが相打ちとなりお互いにクリーンヒット。
両選手とも額を切りドクターチェックという珍しい場面となりましたが、本田選手が続行可能に対し萩本選手は深手の為ドクターストップ。本田聖典選手のTKO勝利となりました。

これにより新潟支部は今年最後の試合において2勝1引き分けとなり、有終の美を飾りました。
選手の皆さん、大変ご苦労様でした!
来年もしっかり練習を積み、リングの上で素晴らしい試合を見せて下さい。

また、この度の試合でも多くの皆様より温かいご厚情を頂戴いたしました。
この場をお借りし厚く御礼申し上げます。

(支部長 乙川敏彦)

1
空龍選手と乙川支部長
勝利の記念写真

2
空龍選手 入場

3
空龍選手の強烈な左フック

4
KO勝利で会場の声援に応える空龍選手

5
勝利の記念撮影

6
渡邉涼介選手と乙川支部長
試合後の記念撮影

7
渡邉涼介選手 リングイン

8
激しい打ち合い

7 (2)
渡邉涼介選手の強烈な右ミドル

9
結果ドロー判定

10
本田聖典選手と乙川支部長
嬉しい勝利の記念撮影

11
本田聖典選手 リングイン

12
本田選手のジャブがヒットする

13
左右の重いローキックで攻める本田選手

14
勝者 本田聖典選手

image2
選手、セコンド一同と記念の一枚

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch