トピックス&ニュース

MAGNUM46 結果報告

2018.03.14

3月11日(日)東京・後楽園ホールにて「MAGNUM 46」が開催されました。

新潟支部からは元日本ミドル級王者 喜多村誠選手と、日本フライ級 空龍選手が出場いたしました。

第3試合、先陣を切って出場した空龍選手は、今大会から3回戦を戦う事となり日本ランキング入りも目の前まで来ている大切な試合に臨みました。
対戦相手は林佑哉選手(空修会館)、空龍選手と年齢・戦績共にほぼ同格の強豪です。
1ラウンド目、空龍選手の速い動きで林選手を翻弄しリードを奪います。2ラウンド目では流石の林選手も重いパンチと蹴りで空龍選手とイーブンな戦いを見せ、最終3ラウンド目は疲れの出た空龍選手を追い込む場面もありました。
結果判定は0-0のドロー(ジャッジ3者ともに29-29)で終了。空龍選手は強いが、林選手も強い。
試合終了後は両選手に対し会場から大きな声援が送られていました。

第10試合に登場した第4代日本ミドル級王者の喜多村誠選手は、今回から対戦相手を泰人から日本人にシフトしての戦いとなりました。その対戦相手は昨年、現日本ミドル級1位の今野明選手を倒した小原俊之選手(キングムエ)です。
成長著しい小原選手に対してベテランの喜多村選手の戦い。
試合は最終ラウンドまでもつれ、採点のジャッジの判定は惜しくも1-0のドロー(29-29、30-28、29-29)と言う結果となりました。

応援していただきました皆様、誠に有難うございました。
私はじめ、選手一同 皆様の心に勇気と感動をお届けできる試合を心掛け、全力で精進してまいります。
これからも応援よろしくお願いいたします。

新潟支部長・新潟支部オーナー
乙川敏彦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch