トピックス&ニュース

「モンスター復活! マグナム47結果」

2018.07.11

7月8日(日)後楽園ホールにて「マグナム47」が開催され、新潟支部からは喜多村誠選手(元日本ミドル級王者)と渡邉涼介選手(日本ライト級7位)が出場いたしました。

第8試合、喜多村誠選手 対 RYU謙選手(拳狼会/MA日本スーパーウェルター級10位)の対戦は70Kg契約3分3ラウンドで行われました。
MAウェルター級若手のホープ、28歳のRYU謙選手に対して今年37歳の喜多村選手は開始早々ジャブからの強烈なハイで揺さぶり、ガードの意識が上に向いたところで逆に奥足のローで最初のダウンを奪います。RYU謙選手は懸命に立ち上がりますが、喜多村選手のローによるダメージが抜けず、さらに追い討ちをかける強烈なローをもらい万事休す。
終わってみれば喜多村選手の1R2分45秒見事なKO勝利となりました。 王者の頃の喜多村選手を思い出させる戦いぶりに、会場からは大きなどよめきと歓声が上がりました! 「喜多村強し!」まだまだ衰えを見せません。

第3試合に出場した渡邉涼介選手は日本ライト級の林瑞紀選手(治政館ジム)と62Kg契約、3分3Rで対戦。
両者決定打を出せないまま3Rをフルに戦い抜き、結果判定1-0(29-29 29-29 30-29)のドロー。
強烈なパンチと右のミドルを得意とする渡邉選手ですが、最近の数試合はドロー判定が多く残念ながら中々良い結果が出ておりません。次の試合に向けて気持ちを切り替え、更に練習に励み強い渡邉選手を見せて下さい!
両選手とも大変お疲れ様でした。
今後益々の活躍に期待いたします!!

応援していただきました皆様、誠にありがとうございました。 私はじめ選手一同これからも勝利に向かって全力で精進して参ります。 今後も応援を宜しくお願い致します。

新潟支部長、新潟支部オーナー 乙川敏彦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

14   15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch