トピックス&ニュース

「TITANS NEOS 25」結果報告

2019.04.22

4月14日(日)後楽園ホールで「TITANS NEOS 25」が行われ、新潟支部から本田聖典選手(日本ミドル級2位)と空龍選手(日本フライ級2位)が出場しました。

第3試合、《新日本キックVSレベルス 5対5マッチ》に登場した空龍選手は18歳と同い年の期待の新星  響波選手(J-NETWORK スーパーフライ級9位/Y‘s glow)と対戦。
18センチも背が高い響波選手に対し空龍選手は出入りの速い動き、キレの良いローと左右のパンチで終始ポイントを稼ぎ判定2-0(30-29 29-29 30-28)で見事快勝。
空龍強し!を会場にアピールしました。
観客の皆様に、いよいよチャンピオンベルトに近付いたと強く印象を抱かせた戦いでした!

第4試合、73㎏契約3分3Rに登場した本田聖典選手は中川達彦選手(元インターナショナルマーシャルアーツ王者/打撃武道 我円)と対戦。
中川選手は先月開催された「MAGNUM49」にて本田選手の兄弟子 喜多村誠選手に1R TKO負けを喫しており、そのリベンジに臨みます。
しかし、本田選手も日本ランキング2位の意地を見せ強烈な左ジャブで中川選手の右視界を塞ぎ、見事3R8秒 TKO勝利を飾りました!

両選手ともご苦労様でした。
これからも更なる上を目指し、日々努力していただきたいと思います。

応援していただきました皆様、誠にありがとうございました。
私はじめ選手一同これからも勝利に向かって全力で精進して参ります。
今後も応援を宜しくお願い致します。

新潟支部長・新潟支部オーナー 乙川敏彦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch