トピックス&ニュース

「第19回新潟県拳闘空手道選手権大会」

2019.04.26

4月21日(日)新潟市鳥屋野体育館武道場にて拳闘空手道拳紘館(館長 齋藤朗氏)主催「第19回新潟県拳闘空手道選手権大会」が開催されました。

この大会はグローブ空手に近いアマチュアの大会ということで、今年より新潟支部の選手も参加する事になりました。
初参加となる今回の大会には髙橋 成君(中学生の部)、残間 実さん(中、重量級の部)、本間 悠さん(重量級の部)、ボストン・アポロスさん(重量級の部)の4名が参加し、熱戦を繰り広げました。
戦いの模様は以下、新潟県本部道場指導員 喜多村誠の総評をご覧下さい。

(伊原道場 新潟支部 支部長・オーナー 乙川敏彦)

・中学生の部 (本戦2分 延長戦1分30秒)
 髙橋 成(伊原道場新潟支部)VS渡部 星瑠(不死鳥道場)
本戦では、2人ともパンチ主体の攻撃で果敢に攻めますが決め手がなくドロー。
延長戦 に入り、髙橋選手は自身より体の大きい渡部選手に徐々に攻められ手数や首相撲で押され始めました。髙橋選手も必死に攻撃をしかけ、気持ちの入った良い試合でしたが惜しくも判定負けでした。

・中・重量級の部
中山 淳一(SLACKVS残間 実(伊原道場新潟支部)
 残間選手は上にパンチ、下にはローキックと上手く振り分けながら相手を攻めていきます。相手の中山選手は残間選手のローキックをカット出来ず、そのまま残間選手の優勢により判定勝ちとなりました。

 ・重量級の部(本戦2分 延長戦1分30秒)
 本間 悠(伊原道場新潟支部)VS梅津 優(佐藤道場)
相手の梅津選手が棄権のため本間選手の不戦勝。

 ボストン・アポロス(伊原道場新潟支部)VS 阿部 健寿(Kーsm)
重量級ならではの迫力のあるパンチ、キックが交差しますが、慎重な試合運びのため、お互い手数が少ないまま本戦は終了。ジャッジ3人中1人はアポロス選手が優勢、2人はドローと判定したため決着がつかず延長戦へ。
延長戦では、アポロス選手が体格を活かし相手にプレッシャーをかけ手数を出します。そのままアポロス選手が攻め続け見事判定勝利を掴みました。

 ・重量級の部 トーナメント決勝戦
ボストン・アポロス(伊原道場新潟支部) VS 本間 悠(伊原道場新潟支部)
アポロス選手と本間選手、同門で手の内は知り尽くしているためか両者手数の少ない立ち上がり。お互い迫力のあるパンチ、キックで相手を攻めますが体格で有利なアポロス選手の攻撃が目立ち、判定勝ちとなりました。

出場した皆さん本当にお疲れ様でした。

自分の強みや克服すべき課題を見付けることができ、皆さんにとって貴重な経験になったと思います。また、お忙しい中会場まで足をお運び頂き、選手を応援して下さった皆様誠にありがとうございました。
これからまた日々精進して参りますので引き続き伊原道場新潟支部をよろしくお願い申し上げます。

 (伊原道場 新潟県本部道場 指導員 喜多村誠)

1 4

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch