トピックス&ニュース

「TITANS NEOS 26」試合結果

2019.09.09

9月1日(日)東京・後楽園ホールにて「TITANS NEOS 26」が開催されました。
新潟支部から喜多村誠選手、本田聖典選手、空龍選手の3名が出場し会場の観客を大いに沸かせました。

第3試合に出場した空龍選手(日本フライ級2位)は仙台の若虎 阿部秀虎選手(タカトラジム)と対戦。空龍選手は先回の「REBELS.61」に出場し、レベルス王者 老沼隆斗選手相手に一歩も引かない戦いを展開しましたが惜しくも判定負けという結果でした。そして今回、悔しさをばねに成長した姿を見せつけ阿部選手に対して判定3-0(30-27 30-28 29-27)で勝利を納めました!

第4試合に出場した本田聖典選手(日本ミドル級1位)は以前に喜多村誠選手を判定で下した強豪ポーンパノム選手(タイ国/元パトンスタジアム ウェルター級王者)と対戦。
本田選手はプロ26戦という実績がありながらタイ人選手との対戦はこの試合が初となりました。
ポーンパノム選手の強烈なミドルを受けながらも、ひたすら伝家の宝刀 右ローで攻め続けた本田選手でしたが、3年前の悪夢が再び襲います。バランスを崩し、ローを蹴ろうとしましたが途中で左足の靭帯を損傷するアクシデント。立ち上がる事が出来ずに3R 0分39秒レフリーストップで悔しい敗戦となりました。

第7試合に登場した新潟支部の看板 喜多村誠選手(元日本ミドル級王者)は喜入衆選手(ルンピニージャパンウエルター級王者/初代ムエタイオープンウェルター級王者/元J-NETWORKスーパーライト級王者)と対戦。
輝かしい経歴を持つレジェンド同士の戦いとなりましたが、喜多村選手の得意技のヒジが炸裂し喜入選手の顔面をカット。判定3-0(30-28 30-28 29-28)のフルマークでの勝利となりました!
3選手共に今回も熱い戦いを繰り広げてくれました。ご苦労様でした。

応援していただきました皆様、誠にありがとうございました。
私はじめ選手一同これからも勝利に向かって全力で精進して参ります。
今後も応援を宜しくお願い致します。

新潟支部長・新潟支部オーナー 乙川敏彦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 (2) 14
15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

メニュー MENU

  • 伊原道場 | キックボクシング・ムエタイ・フィットネス
  • 伊原道場稲城キックボクシングジム – 東京稲城の本格派キックボクシングジム
  • Ihara Dojo Argentina

支部長

新潟ジムオーナー・新潟支部長
乙川敏彦

新日本キックボクシング協会 伊原道場 新潟支部
Copyright (c) 2012 Shinnihon Kickboxing Association Ihara Dojo Niigata Branch